失敗談から学ぶ上達法

英語を学んでいる体験者たちの生の声を集め、失敗談から英会話上達の近道を探ります。

英会話スクールの失敗談で、上達法をおさらい!

独学にかけた時間がムダだった…

お金を使いたくないし、時間や場所に拘束されるのも嫌だなと思い、独学で英語を始めました。
でも、まず教材を探すのにものすごい苦労!どれが自分に合うのか分からないし、種類や数が膨大過ぎて選びきれませんでした。
やっと教材を選んでいざ勉強を始めたものの、孤独な1人学習なのでなかなか続きません。
もう少しテレビ見てから…、お風呂入ってから…、今日はやっぱりやめて明日から…みたいなのが多くなってしまい、自己管理が相当しっかりしていないと続かないものだと実感しました。
仕事から疲れて帰ってくるとどうしてもサボってしまいます。やっぱりある程度決められた中でやらないと、時間がムダに過ぎていくと思いました。

独学で英会話を習得するのは、相当困難だと思った方が良いですね。

やはり、分からないことがあればすぐに聞けて、自己管理の必要もなく、モチベーションも維持しやすい、つまり、長続きがしやすい「スクール通い」が結局は上達への早道ですね。目標を同じくする仲間と出会えるのも刺激になります。

ビジネス英語が学べなかった

仕事で急に英語が必要になってスクールに通ったことがありました。
そこはビジネス英会話コースというのがなく、そんなに変わらないかな…と思って普通のコースで受講していたのですが、全然ダメ!
仕事上で生かせる表現や会話術を学べなかったので意味がなく、結局辞めて違うスクールに変えました。時間とお金がムダになった…。

日常英会話とビジネス英語は、求められるのもが違います。

より正確な英語力、適切な表現を使うことのできるボキャブラリー、論理的思考やビジネスマナーなど、実際のビジネスシーンで生かせる学習をするには、やはり専用のコースを選ぶべきです。
スクールを選ぶ際には、自分の目的に合ったレッスンが受けられるか、必ずチェックしましょう!

通いにくい立地で面倒くさい!

ちょっとアクセスは悪かったのですが、レッスン内容や料金などその他の条件が良かったので通い始めました。でも、実際にレッスンがスタートしてみると、定期的に通うには不便すぎて、面倒臭くなってしまいました。
せめて駅近のスクールにすれば良かった…と、だいぶ後悔しています。

通いやすいスクールを選ぶことは、長続きするコツであり、英会話上達の必須条件です。

通勤時の乗り換え駅で利用しやすい、駅から近くてアクセスしやすいなど、通いやすいスクールを選ぶようにしましょう!

料金が高くて続かなった

レッスンの内容には満足していたのですが、料金が高くて続けるのが難しくなりました。レッスン料だけでも結構するのに、さらに教材費として1万以上。初費用で入会金も払いましたし…。
短期的ならいいですが、習得するまで続けるのは料金が高いとキツイですね。

続けることが上達のカギである英会話。料金が高くて続けられなかったら意味がないですね。

スクールを選ぶ際には必ず料金(レッスン料はもちろん、入会金や管理費、教材費なども含め)をチェックし、無理なく続けられるところを選びましょう!

忙しくて通えなくなってしまった

レッスン内容や料金はチェックしたのですが、開講時間はそんなに重視せず選びました(仕事終わりでギリギリ通える時間だったので)。
でも、残業が入ると間に合わなくなる時間帯のレッスンだったため、急に行けなくなってしまうこともちょくちょくあり、続けるのが難しくなりました。
通勤前に通えるレッスンがあれば変更したかったのですが、朝早くからは開講していないスクールだったのでそれも無理でした…。

時間に余裕のある人なら良いですが、仕事をしながら通う人、忙しい毎日を送っている人にとっては、開講時間はとても重要。

自分のライフスタイルに合った通い方ができるスクールを選ぶことが、長続きのコツです。早朝から夜遅くまで開講しているスクールならば、安心して通えますね。